当サイトについて

  • プライバシーポリシー
  • RSS
  • #体験入店に関するツイート

    知っておきたい京都の高級キャバ事情

    2017年09月09日 18:13

    今回最後になるのですが、皆さんにぜひ知っておいた頂きたいのは、やはり京都の街にはその街らしいマナーというものがあるということです。

    これは全てのお店において”知っておかなければならない”というほどのものではないのですが、祇園の高級店などになってくれば、やはり一流のお店に一流のキャストが所属している、といった印象です。

    いわゆる一流と呼ばれるような業界人が数多く訪れるのがこういったお店ですが、もしこのような場所で働こうと思えば、それ相応の振る舞い、作法を求められることとなります。
    そこで、今回はそういったお店で働くにあたり、ぜひ知っておいて頂きたいためになる作法などについて、ご紹介をしていこうと思います。

    高給キャバクラで働く為の最低限必要な要素とは

    京都という土地柄もあり、高級店で働こうと思えば、それ相応以上のスキルを求められるもの。
    具体的に述べると一般的と呼ばれる以上の容姿、ビジネストークを含む知的な会話ができること、可能であれば英語や中国語などの語学力、こういったものが”最低限必要なもの”として求められます。

    その他にはしっかりとしたマナーを持っていることが挙げられます。
    このどれもが採用時には持っておいてほしいスキルとして挙げられるのですが、中でも”マナー”はくせ者です。
    どれだけ容姿がよくても、どれだけスキルが高かったとしても、やはり作法 がなっていなければ、ただそれだけで”そのレベルの人”というように見なされてしまうのです。

    もちろん、こういった作法云々に関して、一からキッチリと教えてくださるお店もあります。
    しかし、ある一定以上のものを持っていなければ、面接の段階ではしごを外されてしまう可能性は否めません。
    そこで、ぜひ覚えておいてほしいポイントについて、ご紹介しておきたいと思います。

    覚えておきたい作法について

    一般的なキャバクラの作法の他に、ぜひ知っておいて頂きたいポイントがあります。
    例えば仕事の話について、自分から積極的に話をふらない、宗教や政治等の話において自らの意見は主張しない、相手の話を遮らない、名刺は頂いたら早めにしまう(他の方には見られたくないという方もいるので)などです。

    その他にも、普段の姿勢や立ち振る舞いなどもよく見られるポイントですので、客観的に見て綺麗な所作を行うことができるかどうか、こういった部分も予めチェックしておくといいのではないかと思います。